最高のFUEとは?

国際毛髪外科学会(ISHRS)のサイトを閲覧していたら面白い記事がありました。
What Is The Best FUE Procedure?という記事です。日本語に訳すと、「最高のFUEの手順は何か?」という意味です。

英語力が低いなりにまとめてみましたので、興味がありましたら一読お願いいたします。

最高のFUEとは(What Is The Best FUE Procedure?)

FUEは4つのカテゴリに分けられる。

  • マニュアルFUE
  • モーターライズドFUE
  • ロボットFUE
  • 自動化FUE

マニュアルFUEとは親指と人差し指の間で機器を回転させて使用するパンチの事である。現在ではほとんど使われていない。
モーターライズFUEはマニュアルFUEが電動化されたもので、最も一般的なパンチである。
ロボットFUEは数年前に登場し、アルゴリズムの更新により着実に機能が改善されている。
自動化FUEは、自動化というには語弊があるがエア吸引もしくはウェット吸引を利用して毛包を引き抜くものである。

世界中の多くのクリニックは自分のFUE植毛術が最高の方法だと主張するが、それはマーケティング策略であり誤解を招くものだ。
FUEは頭皮から毛包単位で切除する術のみを表すのであって、頭皮へ移植する術とは別物である。

「最高のFUE」が「最高の結果」ということであれば、それは頭皮の性質と医師の知識、医師の技量によるものだ。

まとめ

【FUEというのは植毛術における一過程に過ぎず、植毛の結果を出すのに必要なのはそれを扱う医師の知識と技量だ】という事ですね。
ヨコ美の今川先生がおっしゃられていることと一緒ですね。


そのように考えてみると、実際、 当院には他院で1回目の手術をした方の再手術(修正)の依頼も多く来ますが、その殆どは密度かデザインへの不満によるものです。
1回目の手術をロボットでしていたとしてもFUT(FUSS)でしていたとしても、本人は全く気にしていないケースがほとんどです。

私はブログで移植毛の切断率の低さを報告していますが、患者さん側からしたらこれもどうでもよいことなのかも…。
ただ切断率というのは自分の技術の成長を表せる数字なので、今後も報告し続けていこうとは思っていますが…。

ちなみに、当院では主にモーターライズドFUEで採取を行っておりますが、ロボットFUE(ARTAS)も2台ありますのでご希望に応じて使い分けることも可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました