Q.AGA治療で自分が飲んでいる薬の成分が分からない

他院の事で恐縮です。
人間ドックに行ったら、あなたが飲んでいる薬の詳細が分からないから検査結果の判断が難しいと言われました。
薬をもらっているAGAクリニックに問い合わせても「オリジナル治療薬の詳細は教えていない」と言われて…
先生のところで分かりますか?

人間ドックの先生は、5α還元酵素阻害剤(フィナステリド・デュタステリド)の量が知りたかったのではないでしょうか。
基本的には、フィナステリドは1mg、デュタステリドは0.5mgがAGA治療への適量ですので、オリジナル治療薬の中にもそれらの分量で組み込まれているはずです。
いずれの薬剤も前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSAの値を半分に抑えますので、 測定したPSAの値を2倍して評価してください。

どこのAGAクリニックも差別化を図るために「オリジナル」「オーダーメイド」などと言っていますが、使われている薬剤はフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルが中心です。
内科のかかりつけ医などに適切な情報を提供するためにも、患者さんにはご自身が服用されている薬剤の情報提供は必要でしょう。

ちなみに、当院のタブレットは下記の内容です。
F:フィナステリド1mg
M:ミノキシジル2.5mg(通常は1日2錠で内服をお願いしています)
V:ビタミン・アミノ酸のサプリ

診察時やメールでお客様からいただいた内容で、了承が得られたものに関してはブログに記載させて頂いております。
少しでも薄毛・AGAで悩む方のお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました