AGA(男性型脱毛症)

AGAとは?

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことで、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
その進行のスピードは人によって様々ですが、一度発症したら治療をしないと確実に進行していきます。
日本人男性の発症率は30%と言われております。

AGAの診断方法

思春期以降から髪が抜け生え際もしくは頭頂部から進行する薄毛はほとんどがAGA(男性型脱毛症)と考えられます。
しかし、抗癌剤や向精神薬による薬剤性の脱毛症、内分泌疾患による脱毛症、円形脱毛症、過度なダイエットによる一時的な脱毛症など、AGA以外の薄毛もあります。
AGA以外の薄毛症に対してフィナステリド等の薬物療法を行っても効果は期待できないため、AGA治療には的確な診断が不可欠です。
湘南美容クリニックAGA福岡院では初診時に病歴家族歴を聴取し身体診察を行い、また、マイクロスコープを用いた頭皮及び毛髪の観察も行い診断と進行度の判定をするようにしております。

AGAの進行パターン

下の図はNorwood-Hamilton分類(ノーウッドハミルトン分類=NH分類)といい、AGAの進行度を7段階で表現したものになります。
図を見たら分かるように、AGAの進行パターンは
①額の生え際のM字部分から後退していくタイプ
②頭頂部から薄くなるタイプ
③生え際が全体的に後退していくタイプ
があります。

ノーウッドハミルトン分類

ノーウッドハミルトン分類(NH分類)

進行のスピードは人それぞれですが、日本人は平均すると5年程度で一段階進行すると言われています。
つまり、20歳で発症した方は50歳になることには最終段階のⅦ型になっている可能性があるということです。

AGAの原因?

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)である事が分かっています。
このDHTが髪の生え変わりのサイクル(ヘアサイクル)を乱し、抜け毛の増加に繋がっています。
正常な毛髪は、毛髪が太く長く成長する状態の「成長期」(2~6年間程度)、毛髪の成長活動が低下する「退行期」(2週間程度)、毛髪が抜ける準備に入る「休止期」(3~4か月程度)という3つの期を繰り返します。
しかしDHTが作用すると、成長期が短くなり(半年程度)、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。
細く短い髪の毛(軟毛)が多い箇所は薄く見えるようになります。
また、人間の毛髪のサイクルは無限ではなく10回~20回(回数に関しては諸説あります)といわれていますので、その寿命が残っているうちに治療を開始しなければなりません。

ヘアサイクルの乱れ

コメント

タイトルとURLをコピーしました