AGAの進行度(重症度)

AGA(男性型脱毛症)は進行度に応じて7段階に分けられます。その進行度を分けるのに使用される分類表はアメリカのハミルトン医師が作ったハミルトン・ノーウッド分類と呼ばれるものが一般的です。

この分類表は3つに分類されており、生え際のM字部分から後退していくパターンが一般的かと思いますが、それ以外にも頭頂部も初期から悪化するタイプ、生え際の正中部分を含めて全体的に悪化するタイプがあります。

また、日本人の場合には生え際があまり薄くならず頭頂部のみ悪化していくタイプもあり、このタイプはハミルトンノーウッド分類には当てはまりません。(高島分類というもので記載されています)

どおタイプであったとしても、進行すればするほど初期の段階に戻すことは難しくなりますので、なるべく初期の段階から治療を始めていくのが理想です。

湘南AGAクリニック福岡院は19時までオープンしておりますので、お仕事帰りにでも相談にいらして下さい。

自毛植毛のモニター様を募集しております。興味おありの方は、上の画像のクリックをお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました