薄毛と遺伝

男性の薄毛のほとんどは男性型脱毛症(AGA)によるものです。そしてそのAGAの発症に関わる因子、5α還元酵素ジヒドロテストステロン(DHT)DHTへの感受性は遺伝によって受け継がれます。つまり、AGAを発症しやすい体質は親からの遺伝によって受け継がれるわけです。

ただし、AGAの遺伝に関しては完全には解明されておらず、両親や両祖父母に薄毛の方がいなかったとしても発症の可能性が全くないわけではありません。事実、当院に薄毛の相談に来られる方の1割弱程度は近親者に薄毛の方がおられない方です。

AGAは遺伝によるものですが、両親や両祖父母が薄くなかったからと言って100%AGAの発症を否定できるわけではないという事です。

自毛植毛のモニター様を募集しております。興味おありの方は、上の画像のクリックをお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました