自毛植毛・流れ・採取率

本日はハミルトン・ノーウッド分類でⅢの方の手術でした。スマートFUE植毛(一般的なFUE)で1000グラフトのオペです。

1日の流れは以下の通りです。

8時に来院していただき、当日の流れ・術中の注意点の説明から開始します。

8時30分から後頭部の剃毛を開始。

9時から手術開始です。まずはブロック麻酔を行い、十分に麻酔が効いてから採取部位に局所麻酔を行います。

9時10分から採取を開始し、グリッド毎に切断していないのかをチェックしながらFUEパンチを行っていきます。今回の方は頭皮状態が非常に良い方でしたので、部分切断もほとんどなく、100パンチに要する時間が6分~8分程度でした。

10時20分にパンチ終了し、引き抜きの作業に移ります。

11時から移植部位のデザインを開始しです。患者様と相談しながら理想の生え際のデザインを作成していきます。

11時10分からブロック麻酔を行い、十分に麻酔が効いたら移植部位に局所麻酔を行います。

11時20分から毛穴作成を開始します。採取できたグラフトに応じた太さのマイクロブレードで毛穴を作成します。12時に毛穴作成終了。

12時~13時まで休憩していただき、その間に昼食を摂っていただきます。

13時からプレーシング(植え込み)開始。丁寧かつスピーディーに植え込んでいきます。

15時30プレーシング終了し、その後、術後の注意点などの説明を行います。

16時過ぎにご帰宅となります。

本日の採取率、98パーセントでした。98%の採取率は国際的にみても高いほうだと思いますが、切断してしまった僅かの毛根の事を考えると申し訳ない気持ちになってしまいますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました