ミノキシジルタブレットの副作用

AGA治療の基本はフィナステリド内服とミノキシジル外用です。これらの薬剤は、AGA治療ガイドラインでもAランクに位置するものですが、ミノキシジルの外用は効果に乏しく満足いく結果になる方が少ないのも事実です。

そのため、当院ではミノキシジルの内服を積極的にオススメしています。つまり、フィナステリドとミノキシジルの内服を行なう方法です。

この組み合わせ、効果が高いのは分かるけど副作用が心配と言われる方もいらっしゃいますので、ミノキシジルタブレット内服の副作用に関して簡単にご説明します。

ミノキシジルタブレットの副作用

最も高頻度で見られるのは全身の多毛化になります。内服薬なので毛髪だけでなく全身の毛に作用してしまいます。
極まれにみられる副作用は、浮腫(むくみ)や動悸、頭痛・めまいです。

多毛化以外は服薬を続ける事で改善するケースも多いのですが、心配な場合には担当医に相談して減量等の指示をもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました