DHTの働き

DHTはAGAの原因ホルモンとして知られています。そのため、悪玉の男性ホルモンなどと呼ばれることもあります。

生え際や頭頂部の受容体にDHTは、生え際や頭頂部の受容体に結合すると、ヘアサイクルが短縮し、軟毛・細毛・抜け毛が増えます。
一方、ひげなどの体毛の受容体にDHTが結合すると、成長因子が生成されヘアサイクルが延長し、毛が濃くなります。

AGAはDHTとその受容体のバランスで発症しますので『体毛が濃い=AGA』とはなりませんが、体毛が濃い人がAGAだと進行が速くなる可能性などは言われています。
ただし、DHTと体毛の関係に関しては未だ解明されていない点も多いです。

診察・カウンセリングは無料ですので、お気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました