ミノキシジル外用薬の副作用

AGA治療の基本はフィナステリド内服とミノキシジル外用です。
これらの薬剤は、AGA治療ガイドラインでもAランクに位置するものです。
ただし、ミノキシジルの外用は変化に乏しく、満足いく結果になる方が少ないのも事実です。

そのため、当院ではミノキシジルの内服を積極的にオススメしています。
つまり、フィナステリドとミノキシジルの内服を行なう方法です。

しかしこの組み合わせ、効果が高いのは分かるけど副作用が心配と言われる方もいらっしゃり、ミノキシジルの外用薬を使用される方も多いです。

そこで今回は、ミノキシジル外用薬の副作用に関して簡単にご説明します。

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジル外用薬の副作用でよく見られるのは、頭痛、頭皮のかぶれ、痒み、発赤になります。

外用薬なので局所的な副作用が主ですが、浮腫や動悸・胸痛なども報告もあります。これは、塗布した薬の一部が吸収されて全身に回るためだと考えられていますが、非常にまれですのでご安心ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました