瘢痕部の植毛の経過紹介

瘢痕部に自毛植毛を受けていただいた方がお写真を提供してくださったので、ご紹介させていただきます。

こちらの患者さん、幼少期に腫瘍の摘出手術をされて、その後毛が生えてこないことを気にされていたとのこと。

皮下の脂肪組織の減少もみられたため、生着率が悪い可能性をお伝えしたうえで100グラフトを移植させていただきました。

手術前と6か月後のお写真がこちら。

まだまだか弱い感じの移植毛ですが、ある程度は生着していますね。
これから時間をかけて、もっと太くたくましい毛髪に変わっていきますよ。

周囲からみたら僅かな変化かもしれませんが、ご本人さんにとっては非常に大きな変化です。

さらに加えて言うならば、生着することが分かったという事は大きな可能性が見つかったことでもあります。
2回目の手術を行い、密度アップできる可能性が分かりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました