フィナステリドへの誤解

患者さんから、「フィナステリドだけ飲んでおけばAGAの進行は止まるんですよね?」と聞かれることがあります。
もしくは、「毎日フィナステリドを飲んでたのに薄くなった。効かない体質なのか?」と言われる方もいます。

正確には、フィナステリドは進行を止める薬ではなく、進行を遅らせる薬です。

フィナステリドを内服することでヘアサイクルを短縮させる原因であるDHTの産生が抑えられ、その結果、ヘアサイクルが正常に近づくわけです。

しかしDHTが完全にゼロになるわけではないので、やはりヘアサイクルは少し短縮しています。
短期的に見ればAGAの進行がストップしたように見えますが、長期的に見れば確実に進行しています。

AGAが発症して間もない時であればフィナステリドのみでも満足いく結果が出るかもしれませんが、長期的にはフィナステリドだけだと心もとないのが事実です。

AGAであるならば、成長期を延長させるミノキシジルの併用も早い段階で検討していた方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました