HR(ヘアルネッサンス)タブレットAiはフィナステリド。

日々の薄毛診療の中で最も処方することの多い薬がHRタブレットAiになりますが、お客様の中にはHRタブレットAiがどういったものか分からず内服されている方もいらっしゃるかと思います。

そういった方のためにHRタブレットAiについて記載させていただきます。

HR(ヘアルネッサンス)タブレットAiとは?

HR(ヘアルネッサンス)タブレットAiはフィナステリドが1mg含まれた薬です。

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)ということが分かっており、DHTはテストステロンが5α還元酵素によって変換され生成されます。

このDHTが毛髪の根っこにある受容体に結合すると成長期にある毛髪が退行期及び休止期に移行します。

その結果、細い毛髪が増え抜け落ち、薄く見えるようになってしまいます。フィナステリドは5α還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制し、脱毛を防いでいきます。

フィナステリド(HRタブレットAi)はAGA診療ガイドラインでは推奨度Aとなっており、様々な治療薬の中でも最も重要な薬といえます。

HRタブレットAi=フィナステリド1mg

臨床試験の結果

国内の臨床試験ではフィナステリド1mgで軽度改善以上は1年間の投与で58%、2年間で68%、3年間で78%となっています。

現状維持効果は1年間の投与で40%、2年間で31%、3年間で20%となっています。

AGAは進行性の疾患ですので現状維持であれば効果が出ていると考えられます。

そのため改善効果と現状維持効果を合算し、98%以上の方に効果があるということになります。

しかし、ハミルトンノーウッド分類でⅢ型以上であれば現状維持で満足できる方は少ないため、実際には他のAGA治療を併用して治療を行うことが多いのも事実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました