AGAの薬物療法

はじめに

AGAの治療には、薬物療法成長因子メソセラピー自毛植毛の3つがあります。ここでは薬物療法について述べさせていただきます。

フィナステリド

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)ということが分かっており、DHTはテストステロンが5α還元酵素によって変換され生成されます。

このDHTが毛髪の根っこにある受容体に結合すると、成長期にある毛髪が退行期及び休止期に移行します。その結果、細い毛髪が増え、抜け落ち、薄く見えるようになってしまいます。

フィナステリドは5α還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制し、脱毛を防いでいきます。

フィナステリドはAGA診療ガイドラインでは推奨度Aとなっており、様々な治療薬の中でも最も重要な薬といえます。

臨床試験の結果

国内の臨床試験ではフィナステリド1mgで軽度改善以上は1年間の投与で58%、2年間で68%、3年間で78%となっています。現状維持効果は1年間の投与で40%、2年間で31%、3年間で20%となっています。

AGAは進行性の疾患ですので現状維持であれば効果が出ていると考えられます。そのため改善効果と現状維持効果を合算し、98%以上の方に効果があるということになります。

しかし、ノーウッドハミルトン分類でⅢ型以上であれば現状維持で満足できる方は少ないため、実際には他のAGA治療を併用することが多いのも事実です。

副作用

フィナステリドによる副作用には初期脱毛、性欲減退、勃起不全、肝機能障害、アレルギーなどがあります。

初期脱毛は治療開始後1か月程度で起こることが多いですが、AGAが改善していく前兆でもあるので、気にせず治療を続けていきましょう。

万が一肝機能障害や性機能障害などの副作用が出現したとしても、内服を中止することで次第に改善しますので安心してください。

内服中止後も副作用が改善しないポストフィナステリド症候群が発症することが報告されていますが、非常にまれだと思われます。

当院でのフィナステリド

湘南美容クリニックAGA福岡院では、HR(ヘアルネッサンス)タブレットAiとして取り扱っております。1錠にフィナステリド1mgが含有されており1日1錠の内服をお願いしております

ミノキシジル

ミノキシジルは元々末梢の血管を拡張させて血圧を下げるための薬でしたが、内服していた患者さんの頭髪や体毛が濃くなったことから発毛剤として応用されるようになりました。

ミノキシジルの外用薬だと『リアップ』という商品が有名ですね。

ミノキシジル外用薬の発毛効果データに関しては『リアップ』の発売元である大正製薬のホームページに詳しく記載されており、ミノキシジル5%外用薬はAGA診療ガイドラインでも推奨度Aとなっております。

そのミノキシジルですが、内服することでより強力な発毛効果をもたらします。ミノキシジルの内服薬はミノキシジルタブレット、通称ミノタブと呼ばれることが多いですね。

作用機序に関しては未だ不明な点も多いのですが、血管拡張作用により毛包周囲の血流を増加させ、また、毛周期を制御する種々の増殖因子(IGF、HGF、VEGF、FGF7)の産生を促進させることにより毛の成長を促すといわれています。

副作用

ミノキシジルは外用だとほとんど副作用は無いのですが、内服だと副作用の発現リスクが高くなることも事実です。

代表的な副作用には血圧低下、心拍数の増加、頭痛やめまい、手足のむくみ、多毛症、赤ら顔などがあります。

副作用の早期発見のためにも定期的な検査(身体診察、血液検査)を行いながら使用することが望ましいと思います。

当院(湘南美容クリニックAGA福岡院)では最低でも年に一回の血液検査をお願いしております。

当院でのミノタブ

当院ではHR(ヘアルネッサンス)タブレットB-2として取り扱っております。

1錠にミノキシジル2.5mg含有ですので、1日2錠の内服をお願いしています

毛髪の成長成分

毛髪が生まれる過程で大切な役割を果たしている栄養素の一つにミネラルがあります。

ミネラルが不足すると毛母細胞が細胞分裂をすることができなくなり、毛髪の生成ができなくなります。

また、毛髪の大部分はケラチンというタンパク質からできており、そのタンパク質の元となるのがアミノ酸になります。

AGAによる薄毛を改善させるためには、フィナステリドやミノキシジルだけでなく、発毛に必要な様々な栄養素もしっかりと摂取していくことが大切です。

当院ではHR(ヘアルネッサンス)タブレットC-1として取り扱っております。

1日1錠の内服をお願いしております。

One thought on “AGAの薬物療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です