Norwood-Hamilton分類(ノーウッドハミルトン分類)

AGAは思春期以降に前頭部あるいは頭頂部の毛髪が徐々に軟毛化し抜けていく薄毛症の事です。

その分類にはNorwood-Hamilton分類(ノーウッドハミルトン分類)を用いることが一般的です。

Norwood-Hamilton分類(ノーウッドハミルトン分類)

Ⅰ:角額(M字の剃り込み)の後退が無いかあっても僅か。

Ⅱ:角額の後退があるが、耳介上端と頭頂部を結んだ線(cornal line)の2cm前方を超えない。

Ⅲ:角額の後退があるがcornal lineの2cm前方を超えている。ただし頭頂部の脱毛がない。

Ⅳ:頭頂部の脱毛があるが、前頭部の脱毛との間は完全な有毛部である。

Ⅴ:頭頂部脱毛と前頭部脱毛を分けている有毛部に脱毛がみられるが、完全には融合していない。

Ⅵ:頭頂部脱毛と前頭部脱毛が完全に融合している。側頭部有毛部の上縁が山型である。

Ⅶ:頭頂部脱毛と前頭部脱毛が完全に融合している。側頭部有毛部の上縁が水平である。

ⅡⅢvertex:頭頂部に脱毛斑がある。

ⅡaⅢaⅣaⅤa:前頭部のヘアーラインの後退が先んじて生じるタイプ。

Norwood-Hamilton分類はNH分類と表現されることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です