どこまで改善?自毛植毛経過4(モーターライズドFUE+ARTAS750グラフト)

長井正寿の一番弟子のワケヤマです。

自毛植毛のモニター様の経過紹介になります。

はじめに

20代男性の患者様。

一昨年より生え際の薄毛を自覚され、一年前より他院で内服治療(フィナステリド1mg)を開始されておりました。
内服で抜け毛は減ったものの、生え際の更なる毛量改善のため自毛植毛を希望され、モーターライズドFUEARTAS750グラフトを生え際に移植しました。

移植部デザイン(カウンセリング時)

f:id:shokumou:20190208180956j:plain

カウンセリング時移植部デザイン①

f:id:shokumou:20190208180949j:plain

カウンセリング時移植部デザイン②

採取部のデザイン

ARTASが得意とする中心部(グリッドナンバー2,3,6,7)以外はモーターライズドFUEで丁寧に採取していきます。

f:id:shokumou:20190208181059j:plain

後頭部(採取前)

採取部①

採取直後の髪を下ろした状態です。さすがにこの段階だと傷が透けて見えますね。

f:id:shokumou:20190208181047j:plain

後頭部(採取直後)

採取部②

こちらは採取部の一週間後の写真になります。傷は治り剃った毛も伸びてきたので、髪を下ろした状態だと手術を受けたことすらわかりませんね。

f:id:shokumou:20190208181106j:plain

後頭部(一週間後)

採取した毛根

採取した毛根の一部になります。とてもきれいですね。

f:id:shokumou:20190208181051j:plain

採取した毛根の一部

移植部のデザイン

ヘアラインを下げすぎないように注意し、元々の生え際を再現するようにデザインしています。

f:id:shokumou:20190208181035j:plain

移植部デザイン(毛穴作成前)

0.8mmと0.9mmの極細のマイクロブレードで毛穴を作っています。

当院で作成する毛穴はラインスリットですので、ホールスリットと比較すると移植後の脱落率が低いです。

f:id:shokumou:20190208181032j:plain

移植部デザイン(毛穴作成直後)

移植直後

2本の鑷子を使い丁寧に植え込んだ直後です。

生え際で毛を移植していない様に見える部分は、細い既存毛があるため移植を避けた部分です。

f:id:shokumou:20190208181026j:plain

移植部デザイン(移植直後)

移植後一週間

移植後2~3週間で一旦移植毛は抜け落ちますが、その後半年かけて生えそろいます。

生えてきた直後の毛は細いのですが、その後どんどん太くなって一年程度で完成です。

完成が楽しみですね。

f:id:shokumou:20190208181121j:plain

移植から一週間後①

f:id:shokumou:20190208181117j:plain

移植から一週間後②

 

施術について

施術の名称:モーターライズドFUE及びARTASによる自毛植毛
施術の説明:人間の手と植毛ロボットで同時に毛根を採取することで移植毛採取率と採取効率を高くし、良質なドナーを採取する手術です。
施術の副作用(リスク):施術に伴い、痛み、赤み、熱感、一時的な抜け毛(ショックロス)、つっぱり感、感覚の鈍さ、施術範囲のざ瘡の悪化、コメド、毛嚢炎、膨隆、色素沈着、点状出血、内出血、腫脹、灼熱感、瘢痕が生じることがあります。
価格:通常料金690,000円(750グラフト) 

モニター料金は下記をご参照ください。

www.s-b-c.net

福岡で自毛植毛をご検討の方、ぜひ湘南美容クリニックAGA福岡院へご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です